タックル紹介

ダイワ21カルディアLT4000-CXHインプレ!コストパフォーマンス良し!

カルディア

タックル紹介 カルディア21 LT4000-CXH インプレ

私が持っているリールの中で特に気に入って使用しているダイワの21カルディアについて色々と紹介していきたいと思います。
ダイワの新素材等も使われておりコストパフォーマンスの高いリールとなっています。

↓下記の記事はカルディアと相性の良いシーバスロッドの紹介になります↓

こちらもCHECK

ラテオ
コストパフォーマンス最高のシーバスロッド! ダイワ ラテオR 93MLインプレ

続きを見る

カルディア 外観・スペック

自重:230g
ギア比:6.2
巻き取り長さ:99cm/ハンドル1回転
PE:1.2-310/1.5-200/2.0-170(号/m)
最大ドラグ力:12kg
ベアリング(ボール/ローラー):6/1

まず外観はブラック&ゴールドで統一されており個人的にはかっこよくて好きなデザインです、4000番はT型ハンドルノブで握りやすく滑りにくい設計となっています。
私は主にライトショアジギングとシーバス向けに使用しておりPE1号300m巻いて使用していて1年ほど経ちますがシャリ音やがたつき等の異常はありません。
マグシールドとXH(エクストラハイギア)もあって巻き始めは少し重たいですが巻き始めると重たさは感じなくなります。

カルディア 特徴

モノコックボディ

出典 DAIWA 公式HP

なんといっても1番の特徴がねじれやたわみに強く上位機種にしか搭載されていなかった【モノコックボディ】が21カルディアに搭載されていることです。
実際に使用していて剛性感を感じることができ安心して青物やシーバスと安心してやり取りできるリールになっています。

新素材 ザイオンV

出典 DAIWA 公式HP

21カルディアから新素材であるカーボンハイブリッド樹脂であるザイオンVが使用されています。
ボディとローター素材に新素材ZAION Vが使われることで軽量と剛性を実現していて巻き心地も軽く安定したリトリーブを行うことができます。

カルディア ラインナップ

出典 DAIWA 公式HP

21カルディアのラインナップですが1000番~4000番まで幅広いラインナップがありアジングやメバル向けの1000番~2000番、エギング向けの2500番~3000番、シーバスやライトショアジギング/サーフなら4000番という具合に選択できます。

実際に使用した感想

シーバスゲームやライトショアジギングで1年ほど使用しておりシーバスや青物など釣ってきましたが耐久性や性能には文句ないレベルで、むしろこの価格でこの巻き心地、軽さ、耐久性が手に入るのでオススメです。
デザインも良く私が特にお気に入りのポイントが軽さと魚を掛けてからの剛性感です、軽量なため疲れにくいですし魚とのやり取りも安心して行うことが出来ます。

注意点としてはリールが軽い為使用するロッドによっては先重りしてしまう可能性がある為バランス良くタックルを選ぶ必要があります。

軽さ・耐久性・巻き心地どれも文句ないレベルで同価格帯のリールの中では個人的にオススメ。

リールの自重が軽い為ロッドによっては先重りの可能性がある。

まとめ

以上が21カルディアLT4000-CXHのインプレになります。
上位機種にしか搭載されていなかった機能や新素材などついて実売価格2万円を切る形で販売されており非常にコストパフォーマンス高いリールだと思います。
同価格帯のリールの中でも圧倒的にお勧めのリールですので気になる方はチェックしてみてください。

-タックル紹介