雑記

簡単なキス釣りのコツ!初心者やファミリーにオススメな夏のちょい投げ!

K

こんにちはKです。
今回は初心者や家族連れの方にもオススメなキスのちょい投げ釣りについて記事にしています。

シロギスとは?

シロギスは正式名称であり一般的には「キス」という名前で親しまれています、生息地は主に砂地に潜んでおり砂浜や砂浜に面した防波堤などから気軽に狙えるターゲットとなっています。

基本的には群れで過ごしているので釣れたポイントに再度投げることで複数匹狙うことも出来ます。

また簡単な釣り方で釣ることが出来、尚且つ美味しい魚なので人気のターゲットとなっています。

初心者にオススメなキス釣りのベストシーズン

キス釣りのベストシーズンはなんといっても6月〜8月の夏の時期になります。

地域にもよりますが6月頃からポツポツと釣れ始め7月8月頃には浅い場所でも見かけるようになり海水浴場などでも足元で泳ぐ姿を見ることができます。

夏は浅い場所に寄って来て群れも大きくなるので数釣りにもオススメなので初心者や家族連れのファミリーフィッシングにも最適です。

ベストシーズンは6月〜8月の夏の時期

シロギスのポイント・釣り方

キスを釣るポイントで欠かせないことが海底が砂底である事です。

キスのちょい投げ釣りは仕掛けを投入して人が歩くぐらいのスピードで竿を引く引き釣りがメインになりますが海底をズル引きするとゴツゴツする感触が手元に来る場所は石や岩がある場所なのでちょい投げには不向きのポイントになります。

逆に柔らかい感触で引っ張ってこれる場所は砂底になっているので念入りに探ることで釣果を伸ばす事ができます。

ズル引きして柔らかい感触が続く場所はキスの好むポイント!

ズル引きしてゴツゴツする場所は仕掛けが引っかかりキスもいる可能性低い

オススメポイント!
サーフ/サーフに面した防波堤や内港/河口

基本的には上記の様に引き釣りが数釣りの秘訣になるので数投して釣れない場合はポイント移動も重要になります。

キス釣りの道具・仕掛け

キス釣りの中でもちょい投げは20m〜30m程度の距離に軽い仕掛けを投げて海底をズル引きして探る釣りなので特別な道具は特に必要ありません。

ロッド

本格的なキスの投げ釣りとは違い軽い仕掛けを近距離に投げて探る釣りなのでエギングロッドやシーバスロッドで代用できます。

実際に私もエギングロッド(8.3ft)やシーバスロッド(9.3ft)でちょい投げつりをしていますが全く問題なく使用出来ています。

目安として下記のようなロッドでちょい投げ釣りは十分可能です。

リール

リールは3000番程度のスピニングリールがあれば大丈夫なのでエギング用やライトゲーム用のリールで代用可能です。

ライン

私自身はエギングやシーバス用のリールで代用しているのでPE0.6号〜1.5号でちょい投げしています。

ナイロンライン2号〜3号などでもちょい投げは出来ます、飛距離や感度は落ちますがPEラインに必要なショックリーダーが必要無い為初心者の方にも扱いやすいです。

PEライン

ナイロンライン

仕掛け

仕掛けは市販のちょい投げ用の仕掛けで問題ないですが初心者の方はオモリと天秤、釣り針が一緒のセットになっているものがオススメです。

またフグやベラも餌取りとしてして掛かる事が多く仕掛けを切られたり藻に引っかかって切れたりするので余分に仕掛けを持っていく事をオススメします、運が悪いと仕掛けが無くなり強制的に釣りを終了するハメになります。

仕掛けはエサ取りにに切られたりするので余分に用意することをオススメします!

エサ

キス釣りのちょい投げで使うエサは細い虫エサが有利になるのでオススメは石ゴカイです。

少しずつ切って針につけたりアピールを高めたい時は一匹掛けにするなど工夫する事で釣果を上げられる様になります。

また虫エサが触れない方向けに下記のようなワームもあり十分キスも釣れるので苦手な方は是非購入して使ってみて下さい。

まとめ

夏の時期はキス釣りのベストシーズンとなり初心者やファミリーフィッシングとしても面白い釣りなので是非挑戦してみてください。

その際暑い日が多いので水分補給や朝マヅメのの短時間釣行など無理しない範囲で楽しんでください。

-雑記